スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

トルコの新聞記事を読んで

2007/06/16 (土)  カテゴリー/日記

日本での生活にも随分と慣れてきた旦那さまですが
まだまだ、日々驚く事も沢山あるようです。

今日は、そんな話を少し。

昨日の夜。
仕事から戻り、ネットでトルコのニュースを見ていた旦那さまが

旦 「情太郎!見て、見て!」

と、私を呼ぶので言ってみると
こんな記事がありました。

Japonya'da yaşlı köpeklere huzurevi (ジャポンヤ ダ ヤシュル キョペッキレレ フズレビ)

日本語だと
『日本で 老犬たちに 介護施設』
多分こんな感じだと思う (笑)

huzurevi(フズレビ)は
huzur(フズル)=やすらぎ・平安・安定 + ev(エヴ)=家 で
「やすらぎの家」= 介護施設(老人ホーム)の意味になるようです。
間違っていたらゴメンナサイ(汗)

トルコ語の記事はコチラ


昨日、東京の近くに
年老いた犬たちのための「老犬ホーム」が出来たそうで
それが記事になっていた訳です。
毎月、約10万円ほど支払って、老犬の世話や介護などをしてもらうとのこと。

日本人の私としては
「有得る」ビジネスだなぁ…と感じる訳ですが
外国人の旦那さまとしては「有得ない」ビジネスのようで

旦 「月に10万円も払って、犬の世話をしてもらうの?!」
旦 「それなら、自分で世話をしたほうがいいよ!」

と、記事を読みながらブツブツ言っていました(笑)

まぁ、私としても
自分の大事な家族の一員であるペットたちが
「年老いてしまったから」「手が掛かるから」と言って
お金だけ払って、他人に世話をしてもらうのは
可哀相な話しだなぁ… とも感じます。

しかし、飼い主側にも様々な事情があって
(お金はあるけど)どうしても世話が出来なくて… という人も中にはいるでしょうから
こういったビジネスがあっても
まぁ、あまり「驚かない」と言うのが私の感想。

でも、旦那さまからすると
これは、ビックリ!な話なのです。
犬に?!しかも、月10万円?!ってな具合です(笑)
金額も決して安いものではないので
余計にそう感じるのでしょうねぇ。

旦 「日本人は、なんでも商売にする!」

と、いつも驚き、戸惑っているようですが
私的には、日本人よりも中国の人たちの方が
もっと頭を働かせて、うまく商売をしているなぁ~と
思うのですが、いかがでしょうか?(偏見ではなく、感心しています)

ま、我家には縁のない話と思うのですが(インシャッラ)
同じニュースを読んでも
日本人とトルコ人、受け取り方も違うようです。

面白いですよね。


スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

この記事へのコメント

そんな施設が出来たのですか・・?

情太郎さん、めるはば~♪
え・・?東京の近くに
そんな施設が出来たんですか・・?
老犬のお世話をする施設。
とうとう、日本にもそんな場所が
出来たんですね。
私も記事を見ていないので何とも言えないのですが
預け主が純粋に、飼っている老犬の事を
思っての上での行動なら
やむをえないと思うんですけどね~
今は、簡単に犬の飼育を放棄してしまう
自分勝手な飼い主が増えていますから
そういう人達に比べたら、まだマシ・・
なのでしょうかね・・?
私も、家には老犬「ミルク」がいますけど
自分で終始面倒を見るのがあたりまえだし
ミルクを手放すなんて考えられないので
そんなビジネスが出来たのは、驚きです。
情太郎さんも、じゃん・かるたるちゃんと
離れて暮らすなんて、考えられないですよね!
でも、さまざまな事情で、面倒を見られない
ひともいる訳ですから仕方ないのでしょう・・
逆に、年老いて、施設や病院に
はいらなければいけなくなった
飼い主のために、愛犬を無料で預かる
施設は知ってますけどね・・
善意のボランティアの人が、善意の寄付で
まかなっている団体なんです。
でも、旦那サマが言う事じゃないけど
今、話題の「コムスン」みたいなことだけは
やって欲しくないですよね!

ちゃちゃめ | URL | 2007/06/16 (土) 14:17

>ちゃちゃめ さん へ

そうなんですよ。
でも、場所は詳しく書かれていないし
私もよく詳細はわからないんですけどね。

でも、私もちゃちゃめさん同様
自分の家族の一員(ペット)が
どんな事情があろうと、そういう場所で
世話されるのは嫌ですねぇ…。
ストレスにも感じるだろうし
大好きな飼い主さんや、長年暮らした家から
離されるのは、可哀相ですもんね。

私も小さい頃から動物に囲まれて生活していますが
何度か、老衰で逝ってしまったペットを
看取っています。
別れるのは辛いけど、飼い主の責任としても
自分達で最後まで世話はしたいものですよね。

世の中は、色んな商売が成り立つ時代ですから
こういったビジネスも
これから増えていくんだろうなぁ~と
私は冷静に受け取っています。
トルコでは、こんなビジネスは色んな意味で
絶対に有得ないと思いますが
日本では、こんなところにも「欧米化」でしょうかね(笑)

情太郎 | URL | 2007/06/16 (土) 15:03 [編集]

情太郎さん★
こんにちはー!!!

トルコでは、日本に関するさまざまな記事がよく新聞に出ています。

ドラマの中でも、金持ちの家にどろぼうが入るシーン↓

警察官:たまたまその家をとおりかかって「何をしているんだ?」

どろぼう:「家を片付けてます」

警察官:「ここは、日本人夫妻が住んでいる家だぞ」

どろぼう:「えーーーっ日本人?!」


といったように、何かお金に関することや、面白いニュースやハイテクな記事、高齢者に関する出来事などに、日本人がとりあげられていることが多く感じます。


今回の記事を見ても、あっまたトルコでそういった話題がとりあげられているんだなと思いました。って書いてて長くなってしまいました。ごめんなさぁーい!

tuana | URL | 2007/06/16 (土) 16:12 [編集]

>Tuanaさん へ

めるはば~♪
本当、私もネットでニュースをチェックする旦那さまから
「日本で○○があったんだって」と
日本の話を聞くことが多いです。
この前笑ったのは、犬だと言われて飼ったら
実は羊だったって話。
トルコのネットのニュースで見ました。
日本の芸能人ですよ~。
気がつかないのか?と爆笑しました(笑)

ドラマでもそうですね。
「すし」とか聞くだけで、なぜか私は
一人でウケています(笑)
トルコ人の「日本」に対するイメージが分かるようで、
ドラマもニュースも
私はとても面白いです♪

情太郎 | URL | 2007/06/16 (土) 17:28 [編集]

えーっ!す、すごい!!
なるほどなぁ。。
やむを得ない人にとっては有りですね、これ。
とってもタイムリーな話題です…。

旦那様の友達の犬が近く安楽死の予定なんだそうです。。
勿論一番いいのは飼い主が最期まで看取ることだけど
それがどうしてもできないときはやっぱり
安楽死よりそっちの方がいいですもの。
お金がない人は選べない選択肢だけれど。

何か暗くなってしまってごめんなさい。・゚・(ノД`)・゚・。

みやこ | URL | 2007/06/19 (火) 07:34

>みやこ さん へ

ドイツにも、こんな感じありますか?
…って、お友達はワンちゃんを安楽死?!
ってことは、事情のあるワンちゃんなどを
ケアしてくれる場所は、ないのでしょうかね?

お友達のワンちゃんは
病気か何かなのでしょうか?
とても胸が痛む話ですね。

人も動物も、もっと良い関係で
ずっと仲良く暮らせる環境になると良いですよね!!

情太郎 | URL | 2007/06/21 (木) 08:01 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。