スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

トルコから再び

2007/02/11 (日)  カテゴリー/日記

昨日、またトルコから荷物が届きました!
またもや、凄い速さで到着したので(1週間かかってない)
旦那さまが

旦 「お金はどうしたかな?」

と言うので

情 「日本の郵便局は、荷物届けるのにお金取らないよ!」

と言うと

旦 「違う!トルコで荷物を送るとき、船か飛行機かで金額が違うの」
情 「はぁ。飛行機で送ってって言ったんじゃないの?」
旦 「でも飛行機だと、凄く高いんだよ」

と、もう着いてしまった荷物の
送料をとても気にしていた(笑)


さて、そんな今回の荷物の中身は
私たちの大好きなモノが沢山入っていました♪

ドライフルーツ

カイス(アンズのドライフルーツ)でしょ。
それから~

フンドゥック

フンドゥック(ヘーゼルナッツ)でしょ。
それに、チーズに黒オリーブにスパイスやハーブ色々
それから、簡単に作れるお菓子でしょ~
(a:ケマルパシャ b:カダユフ c:アシュレなど)
あと、チャイ(紅茶)も入っていました。

チャイ

ご存知のように(知らない人もいるかもしれませんが
トルコ人は、一日に何度もチャイを飲みます。
我家も同様で、チャイの消費量も
ヨーグルト同様、このアパルトマンで一番を誇る自信アリ!(笑)

喜んで、中身を棚に収めた後
早速お礼の電話をトルコにかける。

情 「いま、カダユフ作っているんだよ~!ありがとうアンネ!」
ア 「カダユフには、アレとコレも入れてね」
情 「タマム(OK)!」

などと話をして、旦那さまに渡す。
すると、なんと!チャイの袋の中に
こっそり、今回の犠牲祭クルバン・バイラム)の牛肉で作った
出来立てホヤホヤ~の
スジュック(トルコのソーセージ:サラミみたいなもの)を
入れたとのこと。

旦 「チャイの袋の中に、スジュックが入ってるって!」
情 「えぇ?!チャイって…」
情 「さっき棚を整理して、どれかわかんない…」

って、ことで
数あるチャイの袋から、宝探し状態でスジュックを探し出す。
と言うのも、我家にはチャイの葉が入った
こんな↓袋が山ほどあるので

チャイの袋

何個も袋を開けて、手を突っ込んで確認したわけです(笑)

そして数個袋を確認したあと、よく見ると
こんな可愛いナザールボンジュ(トルコの青い目玉のお守り)のピンがついている
チャイの袋を発見!

ナザールボンジュ

入ってましたよ。手作りのスジュックが!
ナザールボンジュに守られて、無事私たちの手元に届きました!
ナザールボンジュをつけるところが
トルコ人らしいわぁ~と
可愛いらしいアンネを思い、感謝しながらスジュックを取り出しました。
これが、そのスジュック。

スジュック

二つの袋に分けて、10本ほど入っていました。

早速、トルコから届いた食材で
カーワルトゥ(トルコ語で朝ごはんの意味ですが、簡単な食事を取るときもこのように言います)をしました。
新鮮なトマトやキュウリなどの野菜、色んな種類のチーズ
黒オリーブ、甘いジャムに
フワフワの卵とパン、アツアツのチャイ…
トルコ人にカーワルトゥしよう!と言えば
必然的に、このイメージになります。
それが終わると、先ほど作ったデザート
カダユフと、これまたチャイで甘い時間。 Ohhhhhhhhhhh♪

ちなみに、これが『カダユフ』です
カダユフ

トルコから届く過程で、崩れてしまったので
写真は、あまり美味しそうじゃないですが
ピスタチオをまぶしたり、アイスクリームを添えたり
生クリームを添えたりして食べると
とっても美味しいんですよ~!

いやぁ~。久しぶりに、どっぷりとトルコな時間でした。
(てか、普通の人よりは、いつもトルコな時間ですけど 笑)

美味しいトルコの食べ物を食べて
ちょっとストレス発散できたような気がしました。
ありがとう!アンネ~!
エリニゼ サールック!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

a:ケマルパシャ
トルコ建国の父・ケマル・アタテュルクにちなんだ、甘~いお菓子
彼は、これがとても大好きだったようです。
ひとくちサイズの丸いクッキーみたいなものに
甘いシロップを染み込ませて頂きます。

b:カダユフ
小麦粉で作られた細い素麺のようなものにシロップをかけた
これまた甘~いお菓子
家に届いたのは、細い素面のようなものだけ。
砂糖・水・レモン汁・バターでシロップを作り
これをた~っぷりと染み込ませて、頂きます。

c:アシュレ
「ノアの箱舟プディング」
アシュレとは、ノアの箱舟がトルコ東部のアララット山に到着した時
舟に残ったわずかな食糧をすべて煮詰めて作った伝説のお菓子。
このアシュレは、クルバンバイラムの翌月
ヒジュラ暦で言う1月(ムハッラム)に食べるものと言われています。
(もちろん、一年中いつ食べてもOKです)
今月は、そのアシュレ月です。
アシュレは各家庭で中身も違いますが
おかゆのようにドロ~リとしたデザートです。
豆や穀物などが多く入っています。
アシュレ月には、それを知人や近所の人達にお裾分けします。


スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

この記事へのコメント

心がとっても温かいです♪

情太郎さん、めるはば~♪
トルコのアンネ・・とっても優しくて、可愛らしい女性ですね♪
チャイの袋がナザール・ボンジュウに守られて
中にはスジュックですか・・(名前がスジュックって
初めてわかりました!)
おもわず、にっこりしてしまいました・・
私は最近・自身のブログでへんてこな物欲
丸出しのコメントをしちゃいましたが
心がこもった、このような贈り物が一番
心が暖かくなりますね・・
情太郎さんの文章を拝見して
なんだか、私も彼から沢山!(飲みきれないくらい・・)
もらったチャイが飲みたくなって
只今、となりのポットに沸かしてあります(笑)
トルコ式の朝食・・懐かしいですね~
また、今年食べに行きた~い!
情太郎さん宅の朝食メニューを見て
またまた、トルコ行きたい病が発症してきました(笑)
トルコで食べたお菓子の名前がわからなかったのですが
それが、「カダユフ」だって、今初めてわかりましたv-238

ちゃちゃめ | URL | 2007/02/11 (日) 15:32

ちゃちゃめさん へ

毎回言っているんですけど、私アンネ大好きv-238なんです。
本当、アンネ可愛いでしょ~?
ナザールボンジュに気がついた時は
なんだか、胸がキュンとしましたよ。
アンネの「無事に届きますように!」って気持ちが
伝わってきて、とても嬉しくなりました。

ちゃちゃめさんも、今頃彼からもらったチャイで
まったり過ごしているのでしょうか?
「カダユフ」食べきれないほど作ってしまったので(笑)
ご近所なら、おすそ分けしたいくらいです!


情太郎 | URL | 2007/02/11 (日) 16:42 [編集]

たべた~い

ぎゅないどぅん 情じむv-254
スジュク、カダイフ…食べたいでゴザルよ~。
前回トルコに旅行したとき、目からウロコに美味しかったのがカダイフでした。
激甘なのに、私の舌はもうトルコ仕様になってしまったわv-12

情じむのアンネはほんとに可愛らしい人なのね。
そういう無邪気な人大好きですe-266
そういえば、この前友達とNHKの世界遺産を観た時に
アヤソフィア修復工事のための作業用エレベーターに
大きなナザールボンジューがくっつけてあったのを見て
みんなで歓声をあげたのよ(笑)。
猫も杓子もナザールボンジューなのねe-267

aya | URL | 2007/02/12 (月) 09:48 [編集]

ステキな贈り物

 お久しぶりです。
 こんなに豪華なトルコからの贈り物・・・どんなに嬉しかったことでしょう。
 きっとアンネは、これも入れたい、あれも入れたいと頑張って詰めてくれたんでしょうね。想像して、じ~んときてます。
 トルコから荷物を送ると、本当に高いので、だんな様がまずそこを心配されたお気持ち、よく分かりますよ~。
 情太郎さんのお宅は、私たちのところよりも、トルコのものが豊富そうなので、うらやましいです(笑)
 

Hedef | URL | 2007/02/12 (月) 13:00 [編集]

メルハバ、情太郎さん☆

無事届いてよかったですね。
トルコのアンネお元気そうですねv-254
ホントに優しいご家族ですね。
トルコからの贈り物。トルコの香りが詰まってそうですね♪

スジュックって美味しいんですよね?
わたしはまだ食べたことがなくって、先月トルコにいったとき
に買って帰りたかったんだけど、もうあまりお金も残って
なかったので、買わずに帰ってきてしまいました。

今度行ったときは絶対買ってきます!
あー先月行ったばかりなのに、また行きたくなってきました。

elif | URL | 2007/02/12 (月) 18:54 [編集]

アンネ最っっっ高!!!

情太郎さんこんばんわ~!

アンネのサプライズ小包、トルコ人の愛が凝縮されてますね~e-266
チャイの袋にこそっとスジュックを入れてくれるなんて、アンネ最高です!!

手作りのスジュックはいかがですか?
私もスジュックは大好きなのですが、手作りのものは食べたことがありません(涙)
きっと市販されているものよりも数倍美味しいんだろうなぁv-10

ところでカダユフの素(?)、前回トルコ行った時に買ってきたのですが、未だに調理していません。。(汗)
シロップの大まかな作り方は彼氏に聞いてきたのですが、あの巨大なカダユフを目にすると手が出せなくって・・・(笑)

情太郎さんの日記を見たら食べたくなってきたので、今週末にできたらチャレンジしてみます♪

Hasibe | URL | 2007/02/17 (土) 00:03

ayaじっき へ

ぎゅないどぅん ayaじっき♪
おっと。ayaじっきもトルコ仕様の舌に
なってしまったんだね(笑)
カダユフもバクラバに負けず激甘ですが
凄い量を作ってしまったので
旦那さまと二人で、毎日食べましたよ(笑)

アンネ、可愛いでしょ~?
ナザールボンジュ見つけたときは
何とも言えず、嬉しい気持ちになりました。
トルコだと、ナザールボンジュは
本当に何処でも目にするよね。
そんな我家も
家の中や車、キーホルダーなどなど…
いたるところにボンジュです!

情太郎 | URL | 2007/02/18 (日) 07:57 [編集]

Hedefちゃん へ

Hedefちゃん、ぎゅないどぅん♪
そして、こちらこそご無沙汰です。

トルコからの荷物、いつも箱がパンパンで
アンネやイェンゲが、アレもコレもと
頑張って詰め込んでいる姿を想像して
私も、いつもじ~んとしてしまいます。

送料もかなりのものだと思われます。
力の無い女性だと
一人じゃ持ち上げられない程の重さですから…
本当に、感謝!感謝!です。
Hedefちゃん所も
我家に負けないほどトルコモノ豊富じゃないですかぁ?
でも、私はトルコごと欲しいくらいです!(笑)

情太郎 | URL | 2007/02/18 (日) 08:05 [編集]

elifさん へ

elifさん、ぎゅないどぅん♪

ちょっく しゅきゅる!
おかげ様で、アンネも他の家族も
みんな元気に過ごしているようです。
何よりも、それが一番ですね。

トルコの荷物は、中身もそうですが
詰められている箱や袋に至るまで
トルコ、トルコ、トルコ!なので
トルコ病の私としては
もう、全てが嬉しいぃ~(笑)

スジュック、市販のモノよりも
手作りの方が
各家庭の味があって、より美味しいです。
アンネのスジュックは
結構、スパイシーで辛目ですが大好きです
次にトルコ行った時は、是非食べてみて下さいね!


情太郎 | URL | 2007/02/18 (日) 08:14 [編集]

Hasibeちゃん へ

Hasibeちゃん、ぎゅないどぅん!

そうでしょ~!愛が凝縮されているって言葉
ピッタリくる感じです。
ひとつ、ひとつを手にしながら
「これは、あそこで買ったのかな?」とか
考えながら、トルコとトルコの家族に思いを馳せています。

手作りのスジュック、美味しいですよぉ~!
市販のモノも美味しいですが
手作りのモノは、その家の味があるので
色んなスジュックを食べ比べるのも楽しいものです。

カダユフ、我家は崩れていたので
丸ごと作ってしまい
5日間かかって二人で消費しました(笑)
激甘ですので、半分くらい作って
試してみてからが良いと思われます。
シロップ、家は砂糖を200グラムほど減らしたのに
それでも激甘でしたよぉ~。
作ってみたら、感想聞かせてね~!

情太郎 | URL | 2007/02/18 (日) 08:23 [編集]

さすが、アンネ。
送る物のツボを心得てますね~。
ドライフルーツたべた~い!!

トルコから荷物が届くと、空ける瞬間すご~い
ワクワクしますよね~!

それにしても1週間は相当早いですよ~。
先日、日本からトルコに送ったときは、
2週間以上かかりましたよ~
トルコに着いてから時間がかかってるのかしら~?

abirin | URL | 2007/02/18 (日) 10:31

abirinさん へ

abirinさん、めるはば~♪
そうなんです。アンネ、ちゃんと私たちのツボ抑えてます(笑)
カイス、甘酸っぱくて美味しかったよ~!

荷物、私達もトルコに送るときは
10日~14日ほど見ているんですが
なんだか、トルコから届くのは凄く早いんですよ。謎。
何処で時間がかかっているんでしょうねぇ…

情太郎 | URL | 2007/02/18 (日) 15:56 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。