スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

素朴な質問

2006/09/26 (火)  カテゴリー/@トルコ

先日UPしたブログ『ラマザン』のコメントで
インド系マレーシア人のご主人を持つじゅりさんより
素朴な質問を頂きました。

国際結婚をする上で
言葉や文化、食や習慣などなど
一体、みんなどうやって生活しているんだろう?と
気になることって多いですよね。

その中でも
日本人とは(全ての人とは限りませんが)
あまり縁のなさそうな『宗教』の問題って
どうなってるの?と思う方も多いでしょう。
実は、私も気になって人にアレコレ聞いたりしますが
今回は、じゅりさんの質問に答えながら
色々と私もお勉強しちゃいます☆



以下、じゅりさんからの質問と答です。

1.「ラマザン」と「ラマダン」って違うんですか?

『ラマダン』はアラビア語です(Ramadan)
トルコでは、『ラマザン』と言います。
他にも『ラマダーン』と言ったりすることもありますが
全て、イスラム暦の第九月のことを指します。
この月は断食月で、1ヶ月の間
イスラム教徒は日の出から日没まで
一切の飲食物・喫煙・香料・性行為などを断ち潔斎を行います。

よく知らない人に「一ヶ月も飲み食いしないの?」と
聞かれることがありますが
それは間違いです!(笑)
日没になると、家族や友達、近所の人などを呼んで
いつもよりも少し豪華な食事と
ケーキだ、果物だ、チャイだ…と
ゆっくりと、時間をかけて
皆で楽しく「食べられること」に感謝しながら
食事をするのですよ!


2・トルコにも宗教警察っていますか?

マレーシアには、宗教警察ってのがいるんですね?!
驚きました!(って、質問されてる私が関心している…)

トルコでも、都会っ子たちは
ムスリムといえども、いちゃいちゃ していたりしますよ。
都会っ子全てでは無いですが
村などの人に比べると、とても開放的な感じだと思います。
髪の毛を隠していても、タバコを吸っている女性も見かけますし
夏は、とても肌の露出が多いです。
男性もお酒を飲んだり
トルコはイスラムの国ではありますが
他の国と比べると、とっても「ゆるい」感じがします。

で、ご質問の宗教警察ですが
トルコには、宗教警察はいません。

だって、トルコのポリスは
制服のままでもデートしてたりするんですから(笑)


3・マレーシアではムスリムの女性達はトゥドゥンというスカーフ(私はもっぱら「ほっかむり」という愛称で呼ばせて頂いておりますが・・・)を頭に着用している人が多いのですが、トルコの女性もそうですか?

ほっかむり!(爆)たしかに、ほっかむりですけどね(笑)
トルコでは、スカーフを指す単語
『エシャルプ』とか『バショルトゥ』などと言います。
他にも呼び方があったと思うのですが、忘れました。

じゅりさんが言っているベールのようなものは
『ヒジャーブ』というのが正しいと思います。
きっと、これはアラビア語だと思います。
(詳しく知らなくてスミマセン 汗)

トルコでは、年配の女性はスカーフを被っている人を
多く見かけますが(全てではない)
若い女性になると、年配の方に比べると
見かける率は、ちょっと少ないかもしれません。
結婚するまでは、髪を見せていた女性も
夫となる人が、敬虔なイスラム教徒だったりすると
家にいるとき以外は、スカーフを被っていたりもします。

ちなみに、トルコのアンネ(お母さん)は常にスカーフ着用。
私がスカーフをつけると、とても喜びますが
コテコテ日本人顔の私がスカーフをすると
本当に「ほっかむり」になるので嫌いです…(爆)


4.ムスリムのトルコ人とムスリム以外の人が結婚する場合、その人はムスリムに改宗しなくてもいいのでしょうか?

ムスリム→男性(ムスリマ→女性)になる為には
何か、特別なことをするの?とお思いでしょうが
実はとても簡単で
原則的には、二人以上のムスリムの前で
シャハーダという『信仰告白』をすればよいだけです。
(アラビア語が難しくて、私は何回も言い直しました 笑)
イスラム教徒になってからは、
基本となる「決め事」のようなものは
守らなくてはならないです。

改宗に関しては、
トルコでは、各家庭などによって様々なようです。
ご両親が敬虔なイスラムの家庭だと
異教徒や、外国人などは嫌煙されたりすることもあるようです。
(宗派などもあるようですし)

私は、旦那さまが「ゆるやかムスリム」だったので
(もちろん、豚肉などは食べないし
細かいことも言われたりすることもありますが)
結婚前は、イスラム教徒になったら
一体何をしたらいいの?ドキドキ…
ってな感じでしたが
結婚してからは、一緒に時々勉強をしたり
ホジャの(神父さんのような人)説経を聞いたり
まさに「ゆるやか」にイスラムを勉強中です。


5・ラマダンの間は性行為も×ということですが、今から10ヶ月後に生まれるベイビー達は逆算するとラマダン時期に・・・とバレると思うのですが、そんな時ってどうなのかなぁ・・・

これは、一番目の質問の答えにもあるように
基本的には「日の出から日没までの間」の話なので
それ以外の時間帯であれば、
多分、子作りも大丈夫なのだと思いますよぉ~(笑)

と、まぁ…
私の知っている限りのことを書いたのですが
もしかすると、間違っていることもあるかも知れません。
そんな時は、どなたかご一報下さい。

そんな訳で、じゅりさんも少しスッキリなさったでしょうか?
私も、ムスリマとしては
まだまだ赤ちゃん程度の知識しかありませんが
こっそり(じゃなくてイイのですが 笑)勉強中ですので
応援宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

この記事へのコメント

情太郎さんこんばんわ!

なるほどぉ、と何度もつぶやきながら読ませていただきました(笑)

宗教警察ってなんですか?!
イスラムの教えを守っているかを監視する警察のことでしょうか。。
そんな人がいたら何だか恐いですね~。

ところで非ムスリムとの結婚ですが、わたしの通う定例会ではこのように学びました。
男性(ムスリム)と女性(非ムスリム)との結婚はOK
女性(ムスリム)と男性(非ムスリム)との結婚はNG、だと。
ここにちょっと男尊女卑のカケラを見てしまったような気がしていたのですが、本当のところどうなんでしょうか。


私は今週末、イフタルをイスラム圏の留学生達と一緒にいただく催しに参加してきます!
何でもイスラム圏のお料理がふんだんに食べれて、しかもイスラムについての講義もあるとか。すっごく楽しみです♪


Hasibe | URL | 2006/09/27 (水) 22:33

うぉぉぉぉ~っ、情太郎さんv-42
(なぜか私も燃えている・・・(爆笑))

早速ありがとうございます~v-237
こんな数々のしょーもない質問、答えて頂けるだけでも嬉しいのに、取り上げて頂いて、宝くじにでも当たった気分です(気分は上々v-221v-238

ありがとうございます~v-207v-207v-207ぶちゅぶちゅぶちゅっ←今日の私は激しいです(ひぇぇ~っv-8

なるほど、「ラマダン」はアラビア語ですか。あ、「断食」ですが、マレー語では「プアサ」と言うことを今日マレー語の本見ていて思い出しました(遅い・・・)。でも普通に「ラマダン」とも言うのでアラビア語から借りている(というか、マレー語に浸透している)んでしょうね。

そっか、そっか~、トルコはマレーシアよりもなるほど、なるほど、ゆるそうですね(笑)。
マレーシアでムスリムの女性が人前でタバコ吸ったりしたら終わり(捕まるのかな?いや、それよりも何よりも「女性ムスリム」としてヒンシュクかいまくって、近所中の噂になって外歩けなくなると思う)だと思います。実際見たことありません。

マレーシアは、人々の考えがまだまだ古くて開けてないので、ムスリムでなくても、女性はタバコを吸わず、お酒もあまり飲まない方が好まれてます・・・。
髪は長い女性が多い(特にインド系は「ほとんど!」といっていいほど、嫁に行くまでは長髪。マレー系(=ムスリム)はほっかむりかぶってるのでわかりませんが・・・。中国系は開けています)し、常夏の国やのにマレー系女性はバジュクロンという長袖の民族衣装にほっかむりしてる人が多いし。

大きなショッピングセンターとかには必ずお祈りする部屋があって、お祈りの時間には仕事せんとお祈りしてたり、毎週金曜のモスクでのお祈りの時には大渋滞起きるし。。。

10ヶ月後のベイビー誕生についての質問ですが、自分で質問したにもかかわらず「あ、そっか~!」と爆笑してしまいました・・・、あはは・・・。

読めば読むほど、「そうですか~、そうですか~~!」と「なるほど~」の嵐です。同じイスラム教でも国でこんなにも違うもんなんですね。

また素朴な疑問が出てきたりしてるのですが、また機会があればおいおいと質問させて頂きたいと思います。
が、いいでしょうか(笑)???

まだ何か書きたいような気もするのですが、心が定まったらまたカキコさせて頂きますね~♪(嫌がらんといて下さいね~(笑)!!!)

ほんとにありがとうございましたv-207

じゅり | URL | 2006/09/28 (木) 18:05 [編集]

>Hasibeさん、イイあくしゃむらる♪

私も「宗教警察」がいるなんて
知りませんでしたよ(笑) ちょっと怖いですよねv-40
そう考えると、同じイスラムの国でも
トルコって、本当に自由ですよね!

ところで、
女性(ムスリム)と男性(非ムスリム)との
結婚はv-431なんですね?
それは、知りませんでした。
でも、ムスリマ(女性)は
非ムスリムとの「結婚」を考えないとは思うけど(偏見ではなく)
もし、本当に好きになった人が
非ムスリムだったら、どうするんだろう… と
一人、考えていました。

週末は、イスラム圏の方たちとのイフタル
なんですね?!
楽しみですねぇ~!
どんな感じだたのか、教えて下さいね~v-238

情太郎 | URL | 2006/09/29 (金) 21:15 [編集]

>うぉぉぉ~!じゅりさん!
(真似してみました 笑)
熱いv-207の嵐に
PCの前で、一人照れてしまいました(笑)

同じイスラムの国でも
所変われば・・・ですね。驚いたのと同時に
面白いなぁ~とも思いました。

トルコでも、タバコを吸う女性は
好きじゃないって人もいますけど
リセ(高校生)の女の子とかが
制服のままで、プカプカとやっているのを
見たこともあるし
結婚して、禁煙って女性も多いです。
やはり、ゆるいですよね。

トルコでも、田舎の方になれば
もっと、マレーシアの事情に似ているところが
多くなると思いますが
私は、世界中から観光客が多く来る
イスタンブルを見てしか話をしていないので
私の知らない世界も沢山あると思います。

また、質問があったら
答えれることならお答えしますので
また、いらしてね~v-238

情太郎 | URL | 2006/09/29 (金) 21:28 [編集]

めるはば 情じむe-273
じゅりさんのおかげで
私も疑問に思っていたことが解消できて嬉しかったです。
友達は
「イスラム教のことについて何でも聞いてね。恥ずかしがらないで」
と言ってくれますが
知らないことだらけで、質問が思い浮かばないことがほとんど。
聞きたいな~と思っても、質問の内容によっては失礼になるのでは、気分を害するのでは…と思って躊躇してしまうし。
でも自分勝手に思いこんで偏見を持つよりは、聞くその瞬間はちょっと恥ずかしくても、勇気を出して理解を深めた方がずっといいよね。
ほんとうにいい勉強になりました。ありがとう@じゅりさん&情じむe-266

aya | URL | 2006/09/30 (土) 11:57 [編集]

>ayaじっき、めるはば~♪
ねでめっき よん!
私もじゅりさんの質問で
改めて、おぉ!そうだったか!てのもありましたよv-14

そうだよねぇ。なかなか、聞きたいことって
その時に思いつかなかったり
タイミングが悪かったりしちゃうと
そのまま時が流れて忘れちゃったりi-229
聞き難い感じになってしまうよね。

でも『聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥』
なんて、言葉もあるように
やはり、勇気を持って聞くことって
大切だったりするんだよね。

私も余計な知識が多くて『雑学博士』ですが
大切なことは知らなかったりするのよ(汗)
お互いに、こういう場で切磋琢磨し合って
知的な女性v-254になりましょうv-238

情太郎 | URL | 2006/09/30 (土) 17:50 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。