スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

カッパドキアに行ってきました ~其の弐~

2009/07/25 (土)  カテゴリー/日記

カッパドキアと聞くと
誰もが真っ先に頭に浮かぶのは
キノコや煙突のような形の奇岩群でしょう。

↓キノコのような奇岩
キノコのような奇岩群

この不思議な風景。

柔らかい地層と硬い地層が重なり合って
長い長い時間をかけ
侵食されて生み出されたものです。

デコボコした大地には
赤い土、白い土、茶色い土などが重なり合っています。

↓触れると崩れる。意外とモロい大地
大きな砂の塊のようです

人間が同じものを創ろうと思っても
きっと、無理に違いありません。

とても神秘的。

自然の驚異です!


Nオジさんに連れられて
またまたけもの道を歩き(笑)
この奇岩も近距離で見ることが出来ました。

↓これは、煙突?はたまた鉛筆?
煙突?鉛筆?みたいな奇岩 面白い形。ここにも住居跡が!

↓これは、キノコみたい
キノコのような奇岩 神技!

テッペンに、ちょこんと残された硬い地層部分。
落っこちそうで、落っこちない。
長い時間をかけて、また姿を変えるのでしょうね…

さて。

歩きまわってお腹が空いたので
車に乗って小さな村に移動。
Nオジさんの友達がやっているパン屋さんへ行きました。

↓この小さな村では、女性を一人も見かけませんでした!
小さな村の商店街 小さな村の商店街①

↓出来たてのピデ♪
出来たてのピデ ピデを頬張るNオジさん
 
青空の下で頬張る
出来たてホヤホヤのピデと、よく冷えたコーラ


最高に美味しかったです! (*^_^*)


↓で、お約束の動物写真(笑)
人懐こい仔犬 仔犬の兄弟

静かな商店街の肉屋の軒先で、仔犬の兄弟を発見!
でも、誰も追い払うこともしない。
きっとここで、おこぼれを頂戴しているんでしょうね…

腹ごしらえも済んだので
ちょっぴり疲れたNオジさんに代わり
私が車の運転をして、また更に移動。 ← イスタンブルでは、絶対に運転したくない!

カッパドキアと言えば、これまた有名な
洞窟ホテルが建ち並ぶ一角へ。

↓洞窟ホテル街
洞窟ホテル これも洞窟ホテル

ここでも残念だなぁ~と感じるのは
お金儲けのために(お金を持っている人たち?)が
ドンドンと貴重な洞窟住居跡を
ホテルやレストランなどに造り替えてしまっていること。

数年後には、自然のままの姿の住居跡が
なくなってしまうのでは…?
と、ちょっぴり悲しい気持ちになってしまいました。

それでも、小高い場所に行くと
まだまだ人の手が入っていない場所も。

↓モスクの水場?
住居跡①
 
↓登れないような高い所にも住居跡が
住居跡②

↓階段も作られています。大きな村だったのでしょう…
住居跡③ 住居跡④

ここには、大勢の家族が暮らしていたのでしょう。
それぞれの住まいが岩で仕切られていて
アパートのような作りになっていました。

もちろん、台所や棚なども
それぞれの場所に作られています。

↓所々、崩れてしまっている場所も
住居跡⑥

↓中側から見た様子
住居跡⑤ 

↓なんと!モスクもありました!
モスク モスク①

ここではイスラム教徒が暮らしていたことになりますね。

モスクの中は、きっと色鮮やかだったのでしょう。
今は、すっかり色が剥がれてしまっているのですが
花の絵が描かれていたり
コーランの言葉が書かれていたり。

しかし、このモスクの壁にも
若者達の落書き(引っ掻き傷)がっっっ!!!


トルコ政府!しっかり管理しておくれぇぇぇぇぇ~っ!!<(`^´)>


と、憤慨。

まぁ、そんな私たちも
こっそり覗きに来ているので大きな声で言えないのですがね(汗)

↓ここを通ってモスクに向かったのでしょうね
住居跡⑦ 住居跡⑧

空想大好きの私の頭の中は
勝手にこの場所で生活している人々の時代にタイムスリップ!

どうぞ、この場所には
ホテルなんか出来ないように…と祈りながら
この場所を後にしました。

さて。

朝早くからアチコチと歩きまわって疲れてしまったので
まだまだ見所沢山のカッパドキアなのですが
最後にギョレメ野外博物館を外側から見て(笑)
帰路につきました。

ここは、また次の機会にねん。

↓ギョレメ野外博物館 看板(笑)
ギョレメ野外博物館

↓外側から見える教会跡など
ギョレメ野外博物館① ギョレメ野外博物館②

実際の中はこんな感じらしい… → ギョレメ野外博物館

これで、行った気になってる私もどうかと思うけど(笑)

↓で、またお約束。
客待ち中のラクダ

野外博物館の脇で、横たわるラクダ。
ちっこくて見えないですね(汗)

実はラクダ使いのオジサンに 
写真を撮っても良いですか?と尋ねたところ
呆れ顔で5リラを要求されたので ← ラクダに乗ったら写真OK。だから5リラってことらしい…
少し離れてから、こっそり撮影しました(笑)

オジサン…

お客さんがいなくて、ちょっとイライラしていたようです。

さて。

帰りは、また途中から運転を代わり
アンネアンネの村の近くにある Yay Gölü(イャイギョル) に立寄りました。

↓山から湧き出てくる水が冷たい
Yay Gölü Yay Gölü①

朝、この脇を通った時には
沢山の牛が、ここで水を飲んでいる様子が見られました。
日中は、景色も良いので
ピクニックする人や、ここの水をくみに来る人などで賑わっています。

ここの水は、カイセリにある大きな山
Erciyes(エルジイェス)から来ているそうです。

↓これが、Erciyes(エルジイェス)
Erciyes

カイセリに住む人達は、この大きくて美しい山を
とても誇りに思っているようでした。

日本の富士山の感覚かな?

そんな訳で、カッパドキア観光も無事終了。

次回は、ババ(お父さん)のお兄さんの家に行った話を
UPしたいと思います。


では、今日はこの辺で♪

スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : おでかけ - ジャンル : 結婚・家庭生活

この記事へのコメント

う~・・今回も休みが
あまり長くとれず、カッパドキアは
あきらめた私。
キノコのような、不思議な岩と
洞窟を、早く間近で見てみたいです・・
情太郎さん、今回の旅行
心から、リフレシュできたようですね♪
私も、自然と動物に囲まれながら
一週間ほど、のんびりと
リフレッシュしたいです。
ピデ、美味しそう~!!
早く、本場の味を満喫したいですね。

maila | URL | 2009/07/25 (土) 21:37

>maila さん へ

こんにちわ☆
mailaさんは、頻繁に海外にお出掛けするのに
いつも仕事の関係などで
ゆっくり休みが取れないのが痛いですよねぇ…

カッパドキア、本当に素敵な場所ですので
いつかチャンスがあったら
絶対に行って下さいね!(*^_^*)


来月は、トルコで本場のピデ
堪能して下さいねん♪

情太郎 | URL | 2009/07/26 (日) 17:40 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。