スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

カッパドキアに行ってきました ~其の壱~

2009/07/24 (金)  カテゴリー/日記

Kapadokya(カッパドキア)は
トルコの首都、アンカラの南東にあります。

長い歴史のあるこの土地は
世界遺産でもあるギョレメ国立公園
岩石遺跡群などが有名な場所です。

アンネアンネの村から車を走らせて
小一時間ほどだったでしょうか…

大きな山のアチコチに黒く見える窪み。

昔むかし、誰かが生活をしていた跡です。
なんとも言えない不思議な光景。


あぁ…Kapadokya(カッパドキア)に来たんだなぁ。


↓車を出してくれた向かいのNオジさん
Nオジさん

ツアーでは、立入れないだろう場所などにも
いろいろ連れて行ってくれました。

今回は、そんなKapadokya(カッパドキア)観光のお話を



カッパドキアにはいくつかの地下都市があります。

地下都市は、主として初期キリスト教徒によって
隠れ場所として使用されていたのだそうです。

地下都市というと、カイマクルデリンクユ(場所の名前)
または、オズコナックの地下都市が観光地として有名です。
私たちも、オズコナックの地下都市を見てきました!

↓オズコナック地下都市
オズコナック地下都市①

↓色んなことを想像しながら見て歩きます
オズコナック地下都市② オズコナック地下都市③

中は少しジメっとして、ひんやりと涼しい感じです。

明りを灯すロウソクか何かを置く場所がアチコチに作られ
台所や食品を確保しておく棚などなど
よく考えて作られています。 感心。感心。

↓ワインセラーまでありました!
オズコナック地下都市④

葡萄を足で踏みつけて、葡萄酒を作っていたのでしょう。
流れ出た葡萄の液は
下に掘られた大きな穴に自然と落ちるようになっていました。

ここで、葡萄酒を飲みながら
どんな話をしていたのでしょうか?

想像が膨らみます!

外からの侵入者を防ぐためなのでしょう
通路と部屋の間には、大きな丸い石が設置されていて
扉の代わりになっていたようです。

↓設置された大きな石の扉
オズコナック地下都市⑥

Nオジさん。石の扉を動かそうとチャレンジ中(笑)
もちろん、ビクともしませんよ!

↓屈まないと通れない通路
オズコナック地下都市⑤

ここに住んでいた人達は背が低かったのか?
それとも、これも侵入者から身を守るために
考えられた構造なのでしょうか?

何にせよ、ここで誰かが生活していたことを思うと
ドキドキしてきます。

↓旦那さまとNオジさん。記念撮影☆ ← 逆光で見えないけど(笑)
旦那さまとNオジさん① 旦那さまとNオジさん②

しかし…


写真に写っている白いモヤは一体なんだ?! (@_@;)


と、ちょっとビビってみたり(笑)

さて、話を戻しまして。

キリスト教徒と言えば
ギョレメの岩窟教会は、観光地としても有名ですが
実は同じように、こっそりと作られた教会が
まだまだ沢山あったりする訳です。

車を停めて、アチコチ探検しながら
けもの道をドンドン進んでいきます。

↓アチコチで、こんな様子が見られます
カッパドキア②

いったい、どんな人達が
ここで、どんな生活を送っていたんだろう?

そう考えるだけで、ワクワクしてきます。

↓大きな大きな山・山・山!
カッパドキア③ カッパドキア④ カッパドキア⑤ カッパドキア⑥

自然が創りあげた雄大な景色に感動。
開いた口がふさがりません!

ふと見ると、この大きな山にも出入り口があります。 ← 写真右上の山です

近くに行ってみると、出入り口には
誰かの手によって、階段が取り付けられています。
鉄の格子が取りつけられ、鍵もかかっています。

入口には、手書きの看板が(笑)


『鍵とチケットは下でもらってください』


近所のオジサンが勝手に手を入れて
観光場所にしたてあげてしまったようです(笑)

さすが?!いや、やっぱりトルコ!

数々の貴重な遺産も
お金儲けの道具になってしまうんですからねぇ…
国でしっかり保護して欲しいものです。

↓その中は、こんな感じ
秘密の教会① 秘密の教会②

どうやらここも、秘密の教会だったようです。

この周辺にも山を掘って作られた住まいの跡が沢山。
なんとか覗くことが出来そうな場所を発見!


これは、見るしかないっ!(`^´)!


↓で、お邪魔した?住居跡
住居跡① 住居跡②

オズコナックの地下都市同様
台所と思われる場所や、小さな棚が沢山作られていました。

奥には、石で出来た扉も設置されていましたので
昔は、この部分まで山があったのだと思われます。

長い時間をかけて、削られた山。
今は、小さな窓から覗くと断崖絶壁状態。
時の流れを感じます。


続く…
スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : おでかけ - ジャンル : 結婚・家庭生活

この記事へのコメント

わーおー

ご無沙汰しておりました。
こんにちわ~。お元気ですか?
たくさんの写真UPありがとうございます!私もあいた口がふさがりません。とても素敵。神秘的。とても感動しますね。
日本やタイとは全然違う風景や遺産。また楽しみにしてますね。

ひろえ | URL | 2009/07/25 (土) 08:49

>ひろえ さん へ

こんにちわ☆
こちらこそ、ご無沙汰ばかりでスミマセン。
ひろえさんもお元気そうで何よりです(*^_^*)

仰るように、タイや日本にも
素敵な景色はもちろん沢山あるのですが
全然違った不思議な景色に
ずっと「ポカ~ン」と口が開いたままでした(笑)
其の弐もお楽しみに♪

情太郎 | URL | 2009/07/25 (土) 15:26 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。