スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

第5弾 KARNI YARIK(カルヌ・ヤルク)

2006/06/18 (日)  カテゴリー/トルコ料理

気がつくと、あまりメイン料理的なものがないですね(汗)
トルコ料理ってこんなもんなの?!
と思われるとまずいですね。
料理が苦手なのがバレバレです。 スミマセン…

そんな訳で
今日は、ちょっとだけ手の込んだ(私的には)
KARNI YARIK(カルヌ・ヤルク)をご紹介します。

KARNI YARIK(カルヌ・ヤルク)は
ナスのひき肉詰めです。
トルコでは一応、夏の料理に属しています。
日本では、秋ナスが美味しいし
季節を問わずに、何処でもナスが手に入るので
家は食べたいときに作っております☆

私も、そして旦那さまもナスが大~好きなので
我家の食卓に並ぶ率は高いです!(笑)
もちろん、トルコ人でコレが大好き!って人もとても多い
トルコの人気家庭料理です。




KARNI YARIK(カルヌ・ヤルク)
カルヌ・ヤルク


材料

ナス 5~6本
牛ひき肉 150グラムくらい
玉ねぎ 1個
しし唐 数本(お好みで)、またはピーマン1~2個
トマト 2~3個 (ホールトマトでもOK) 
オリーブオイル 
パセリ(我家はドライ使用)
塩・コショウ 適量

 
作り方

1:ナスを洗い、ナスの皮を縦に2~3ヶ所ほど剥いておく。
水につけてアクを抜いたら、十分に水分を拭き取ります。
2:170~180℃の油で、1のナスを丸ごと
色がつくまで揚げます。
3:(注:ここは、我家の手抜きレシピに変わります 笑)
揚げたナスを、大き目のお皿に2~3本並べておきます。
この時、ナスに具が入るのを想定して
少しナスの間隔をあけておくのを忘れずに!
4:ナスが程よく冷めたら、ナスの真ん中に縦に切れ目をいれます。
この時、ナスの底まで切ってしまわないように注意して下さい。

5:次にナスに詰める具を作ります。
玉ねぎをみじん切りにします。ピーマンを使うなら玉ねぎと
同じようにみじん切りにしておきます。
しし唐の場合は薄めにスライスしておきます。
6:オリーブオイルで玉ねぎ・ピーマンを炒めます。
玉ねぎが透き通ってきたら
ひき肉を入れて、ポロポロなるまで炒めます。
7:次に、塩・コショウ、それからトマト(ホールトマト)を入れ
弱めの火で少々煮込みます。
一緒にパセリも入れます。(生のパセリなら細かく刻んでください)
トマトや野菜の水分が、程よくとんだら火を止めます。
(↑この時、少々塩・コショウでしっかりと味付けして下さい。)

8:揚げたナスのまん中に5~7で作った具を入れます。
9:(注:ここからも、我家の手抜きレシピに変わります 笑)
具を詰めたナスの入ったお皿にしっかりラップをします。
電子レンジに入れて、5~6分ほどチン!して下さい。
ナスから水分が出てきて、煮込まれ食べやすい柔らかさになります。
(↑本当は、ここの部分はフライパンやオーブンで作ります)
10:ナスから出た水分を適当にきり、別のお皿に綺麗に並べて
食卓に出してください。(崩れやすいので気をつけて!)

出来上がり~!


途中から、とにかく時間を短縮して
早く準備をしたい時に、あみ出した
「ぐうたら主婦レシピ」に変わっています(笑)

レンジでチン!する時に
辛いのがお好きな方は、ちょっと直火であぶってから
青唐辛子を上にのせて下さい。
ほどよい柔らかさになって、一緒に食べられます。
盛り付ける時に、トマトのスライスをのせてください。
まるで、レストランのお料理のように見えます(笑)

これは、結婚する前から
旦那さまに「かならず作れるようになって!」と言われていた
トルコ料理のひとつでありました。
今は、とにかく早く!簡単に!で
便利な電子レンジを利用して、手抜きしつつも
「スペル!!(凄く美味しい!!)」と言わせるほどの
腕前になりました♪

みなさんも、ぜひチャレンジしてみて下さいね☆

ちなみに残ってしまった具は
冷凍保存でもしておいてください。
次に、その残った具を使って出来る
またもや簡単レシピも紹介しま~す!



スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

この記事へのコメント

情太郎さんこんばんわ!

いきなりの上級者(?)レシピに、たじたじです。。(>_<)

むずかしそ~。。
でもぜひともチャレンジしてみたいです☆
ちょうど我が家にはナスもひき肉もあるし♪

一つ質問があります。
↑の4番目のところで、「なすの真ん中に立てに切れ目をいれる」というところ。
切れ目を入れて、ナスを広げるといった感じでしょうか?その上に具を詰めるのでしょうか。

うぅん。いまいち想像が出来なくてすみません。。(涙)

Hasibe | URL | 2006/06/18 (日) 19:45

Hasibeさん、めるはば~♪

この「カルヌ・ヤルク」
レシピを見ると面倒な感じがしますが
(実は私も最初はそう思っていましたv-14
作ってみると意外と簡単なんですよ!
ぜひ、トライしてみて下さい。

で、料理の写真がなくて、レシピが分かり難かったですねぇ。
作っている時に、写真をとっておけばいいいのですが
毎日のことなので、つい、忘れがちで。
ごめんなさいi-229

ナスの中に具を詰めるのですが
Hasibeさんの言うように
ナスに切れ目を入れて、そこから具を詰め込む感じです。

家にあったトルコ料理の本より
(トルコ/ミンヤチュール書店 : トルコ料理)
参考までに出来上がりの写真を載せておきますね!

情太郎 | URL | 2006/06/19 (月) 22:03 [編集]

おぉ。ご丁寧に写真載せていただいて、ありがとうございます!!

写真を見て、ピーンときました!
見たことあります!
てゆーか、万博で働いてたレストランのメニューにありました。。
わたし的には「かるにいぇるく」ともろ日本語読みしていたので、気づきませんでした~(^_^;

これで一気に想像できました!早速週末にでもトライしてみます♪

Hasibe | URL | 2006/06/20 (火) 20:46

>Hasibeさん、めるはば~♪

万博のレストランであったメニューなのですね?(笑)
写真小さくて、ちょっと心配だったのですが
それでは、出来上がりの状態も
きっと想像できますね?! 
良かった~v-238

上手に出来上がったら
また、教えてくださいね!v-218


情太郎 | URL | 2006/06/23 (金) 20:06 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。