スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

トルコ共和国宣言記念日☆

2008/10/29 (水)  カテゴリー/@トルコ

さて。

10月29日は『トルコ共和国宣言記念日』です。
トルコ語ではCumhuriyet Bayramı(ジュムフリィェト バイラム)
と言います。(長っ)

そしてこの日は、私と元旦那さまの結婚記念日でもあったりします(笑)

まぁ、結婚記念日はさておきまして(汗)
今日は、トルコ共和国宣言記念日について
書いてみようと思います。


1923年10月29日
Mustafa Kemal(ムスタファ ケマル)により
「トルコ共和国」が宣言されました。
なので、トルコでは10月29日は共和国建国を祝うための祝日です。

トルコでは、8:45分にアンカラのアタチュルク廟にて
式典が開始されます。
大統領がアタテュルク(ムスタファ ケマル)の墓に花を捧げ黙とう。
トルコ国歌が演奏されたりするそうです。

愛国心の強いトルコ人。

この日は、アチコチでトルコの国旗を掲げているのを
見ることができます。
こんなサイトもありました → 29 Ekim Cumhuriyet Bayramı

日本の建国記念日に
または、歴代の大統領にこれほど愛情を注ぐ日本人を
私はあまり見たことがないです… 日本人としては、寂しい話ですね (-_-)

ご存じとは思いますが、これがトルコの国旗!
トルコ国旗

ちなみに Atatürk(アタテュルク)とは
トルコ語で「トルコの父」という意味。


第一次世界大戦後。

オスマントルコ帝国が衰退。
戦勝国から帝国の領土を分割することを強いられ
首都イスタンブルも国際管理下におかれることとなります。

祖国を失い誰もが落胆する中
ガリポリの戦いで活躍した軍人ムスタファ ケマル(アタテュルク)
1919年に独立戦争を起こし
祖国を取り戻すために3年もの長い間戦いました(祖国解放運動)

これによりオスマントルコ帝国は完全に崩壊します。
そして、外国軍の占拠からも開放され
1923年の10月29日20:30に「トルコ共和国」の建国宣言が行われました!

そして、ムスタファ ケマルをトルコ共和国初代大統領とし
この日「トルコ共和国」は動き出しました。

これが↓ムスタファ ケマル(アタテュルク)です
ムスタファ ケマル(アタテュルク)

トルコに行くと、アタテュルクを見かけないことなど
絶対に有り得ません!
お札にも、教科書にも、そして至る所に写真や銅像などなど…

いかに、トルコ人がアタテュルクを尊敬し愛しているかが
よく分かると思います。

ムスタファ ケマルは、アタテュルク=トルコの父 の名のもと
数多くの改革を成功させました。
民法が改正され、政教分離とする近代国家を確立。
一夫多妻制を禁じたり、
現在のトルコ語のように、ラテン文字に定めたのもムスタファ ケマル。


…と、兎に角いろんなことを行った
ムスタファ ケマル(アタテュルク)です。


で、 毎年10月29日には
各地で建国を祝うための、そして建国の父アタテュルクを称える祝典が
華々しく開催されるというわけです☆


今日もお勉強になりましたねっ! (´∀`)b


そんなわけで、私はトルコ人でもないクセに
Atatürk(アタテュルク)の話を聞くとワクワクとしてきます。 
血が騒ぐとでも言うのでしょうか…
格好いいぃ~っ!と興奮してしまいます(笑)


やはり、トルコ人化してきているのでしょうか? о(≧ω≦)о


余談ですが、先日作ったお菓子「ケマルパシャ」は
このムスタファ ケマル(アタテュルク)が大好きだったことから
この名前がついたんですよ♪


では、Atatürk(アタテュルク)建国の父の
数々の写真を見ながら今日はお別れです。


Mustafa Kemal Ataturk (1881-1938)


cumhuriyet bayramınız kutlu olsun!

 
スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

この記事へのコメント

はじめまして

初めまして。
Hedefさんのブログからこのブログを知りました。
トルコの歴史がよくわかりました。
また読ませていただきます。

のび太 | URL | 2008/10/29 (水) 17:03 [編集]

>のび太 さん へ

はじめまして!こんばんわ☆
ご訪問、そしてコメントありがとうございます。
Hedefさんのところで、よくお名前見かけておりました。
遊びに来てくれて、嬉しいです!

トルコの話、日常のどうでもいい話など(笑)
あんなこと…こんなこと…色々と書いておりますが
また遊びに来てくれるとうれしいです♪

情太郎 | URL | 2008/10/29 (水) 21:41 [編集]

Çok Karizmatik...

や~、写真見るだけでカンドーするってどゆことなのー o(≧∀≦)○
って。
Atatürkさんのスライド見て感動した私 (T_T)
「生き(てい)た伝説の人物」ですよねぇ ☆

こんなにカリスマ的でオトコマエなのに。
甘甘シロップにしっかり漬かったケマルパシャ(お菓子)に
カイマクをペタペタ塗って食べてるの想像したら、カワイイわぁ ゜+。(*´∇`)。+゜
(↑不敬罪?)

Nilüfer | URL | 2008/10/29 (水) 21:45 [編集]

>Nilüfer さん へ

本当に、カリスマって言葉がぴったりっ!ですよね~。
私も鳥肌立てながら写真見てました(笑)

この偉大な人物がいなかったら…
トルコという国は、今どうなっていたの?とか
いろんなこと考えてみたり。

PCの背景をAtatürkに変えてみて(笑)
朝から我家のトルコ人と
ひっそり「トルコ共和国宣言記念日」を祝いました!

そんなAtatürkも、ケマルパシャLOVEですから(笑)
そのギャップもタマラナイっ! о(≧ω≦)о

情太郎 | URL | 2008/10/29 (水) 22:42 [編集]

お祝いですね~

トルコ人は、愛国精神が強いですよね!
イスタンブールでも、あちこちで
国旗見かけますし・・
私も、アタトゥリュク初代大統領は
尊敬しますよ。彼のおかげで
今のトルコ共和国があるんですもの♪
彼も、今年のイスタンで一緒だった時に
初代大統領の銅像の前で
記念撮影してましたよ。
アンカラでは、初代大統領の銅像が
たくさんあったよ・・とも言ってました。
今でも、トルコ国民から尊敬され
愛されてるんですね!

ちゃちゃめ | URL | 2008/10/30 (木) 00:21

>ちゃちゃめ さん へ

こんばんわ☆ 
お祝いですよ~。トルコ人にとっては大切な日ですね!

ちゃちゃめさんも、トルコでは
もう何度もアタトュルクの銅像を見かけたり
国旗を見かけたりいているでしょうね!(笑)

アンカラには、アヌトゥカビル(アタテュルク廟)という
アタテュルクの霊廟があります。
アタテュルクの像、自筆の書、手紙、所持品などなど
思い出の品も展示されているんですよ!
今度機会があれば、ぜひ彼と訪れてみてください。

きっと、もっと
トルコとアタテュルクが好きになるはずですよ~♪

情太郎 | URL | 2008/10/30 (木) 00:48 [編集]

はじめまして
トルコ共和国記念日のことを検索してたどり着きました。
凄く勉強になりました。
ありがとうございます。
来年トルコに遊びに行くのでトルコ情報楽しみにしています!

JIN | URL | 2010/10/22 (金) 23:33

>JIN さん へ

はじめまして。
ご訪問&コメント有難うございます。
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。

凄く勉強になったなんて、恐縮ですが
こうやって、トルコのことでお役に立てて
私も嬉しいです。
トルコはとても良いトルコですから
きっとJINさんも大好きになると思いますよ!

ちなみに余談ですが
この日は私たちの結婚記念日でもあります(笑)

情太郎 | URL | 2010/11/20 (土) 22:17 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。