スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

PUSU(プス)始まりました☆

2008/10/11 (土)  カテゴリー/トルコドラマ

長い長いトルコの夏休みも終わり
やっと、新しいドラマや
新しいシーズンが始まったトルコなドラマたち。

まだ、いろいろとツマミ食い状態で
気に入ったドラマを見つけていませんが…

さて、以前にもちょっとご紹介したことがある
トルコでは、国民的人気の(はず)ドラマ
『Kurtlar Vadisi Pusu』(クルッタル ワーディーシ プス)
今シーズンが始まりましたぁぁ~♪

※以前の記事はコチラ

前のシーズンは、離婚騒動などもあり
所々見たり、見ていなかったりでしたが
まぁ、大事なシーンは押さえておいて(笑)
今朝、元旦那さまと一緒にワクワクしながら見ちゃいました☆


では、チラッと新しいシーズン(第42話)のコマーシャルを

Kurtlar Vadisi Pusu 42.Bölüm Yeni Fragman



みんなこの日を待っていました! ←本当かな?(笑)


主役の↓Polat Alemdar(ポラット アレムダル)に
Kurtlar Vadisi Pusu :polat

Memati(メマティ)にAbdulhey(アブドゥルヘイ)
くぅぅぅ~。 相変わらずカッコいいです!

42話では、あの人やこの人が死んでいたり (T_T)
またまた、裏の世界では、悪人たちが次の悪だくみ。
ポラットは敵に捕らわれ、ふ抜け状態。
一体どうなるんだっ?!

興奮する元旦那さま。

旦 『ポラット!さぁ!はやく!』 ←ポラットに話しかける(笑)
旦 『本当に、こういう悪い人がトルコにはいるんだよっ!!!』


そのセリフは、もう何千回と聞きました(笑)


そんな私も、馴染み深いメンバーが
殺されたり、苦しい目にあったり、悲しいシーンになると
ドラマを見ながら、一緒に涙ぐんでしまいます (^^ゞ


ところで、このポラット役のNecati Şaşmaz(ネジャティ シャシュマズ)は
1971年12月15日生まれ。
アンカラで育ち、旅行ビジネスの学校で学んだ後にトルコで旅行会社を経営。
しかし、この番組のプロデューサーに出会い
ポラット役に抜擢されたそうな…

もちろん、演技は知らない彼でしたが
いまや、トルコでは彼を知らない人はいないでしょう。

運命って不思議。

しかしながら、彼の声はちょっと高めで ←元旦那さまは「田舎の人みたい」と言います(笑)
ポラットの渋いイメージには合わなかったようで
いつの間にか、声のみが変わっておりました。(アテレコっていうのですか?)

日本のドラマで、声のみ変えるなんてあり得ないので
コレにはちょっと驚きましたが
そこまでしても、ポラットのイメージは大切なんだろうなぁ~と
思ってみたりもします。

さて。

そのドラマの中で、いい味を出しているのが
Sönmez Atasoy(ソンメズ アタソイ)というトルコの役者さん演じる
Halil İbrahim kapar(ハリル イブラヒム カパル)通称Halo(ハロ)。

Halo
↑このオジサンがHalo(ハロ)

なんとも言えないいい味を出していて
私は、毎回ハロが気になって気になって(笑)

これからも、見逃せないわっ! (´∀`)b

このドラマ。挿入歌も渋くて素敵です☆
元旦那さまと、ドラマに挿入歌に痺れてばかりです(笑)

では、Halo(ハロ)が出てくるシーンでは必ず流れる曲
Halil İbrahim で今日はお別れで~す♪ ←画像はないですがYou tubeで

Halil İbrahim Türküsü


スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : トルコのドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

この記事へのコメント

お加減はいかがですか?

こんにちわ、情太郎さん。
痛みは薄らいできましたか。一番神経の集まっているデリケートな部分でしょうからたいへんでしたね。読むからに痛そうでこちらまで全身筋肉痛になりそうでした。
うちの13年ぶっ続けで働かせてきたテレビジョン、このところ1局しか映らないようになって、それにまたここ数日テレビ自体が疲れ果てたのか、まったく電源が入らなくなってしまいました。そうかと思うと調子よく朝からいい画像を送ってきたり。本当におちょくられているようです。
クルトゥラル・ヴァーデスィが人気ドラマだということは知っているのですが、見たことがないので何ともヨルム出来ません。こういうハードボイルドもトルコの人は好きですからね。
それにしても、国境では先週15人、ディヤルバクルでは3月に7人、おととい5人、テロの犠牲者が出ました。ハードボイルド映画そのままにハードボイルドなトルコ。シェヒットの残された家族達が気の毒です・・・

madamkase | URL | 2008/10/11 (土) 04:44 [編集]

>madamkaseさん へ

おはようございます☆
我家も、アパルトマンの立地条件などでテレビが見られないので
ネットでトルコの番組ばかり見ています(笑)
kaseさんのお宅のテレビ、もう少し頑張ってくれると良いですね!

お陰さまで、傷の痛みは和らいできました。
ですが、お風呂解禁になって入浴したら
また少しジンジンするような… 今日もコレから病院です。

このドラマ。本当に人気なようです。
『狼』がトルコの右系の象徴らしく、このタイトル。
政治の話とか色々、私にはちょっと難しいのですが(汗)
毎回楽しみにしています。

PKKとトルコ軍の話は、ここのところは毎日のように
日本にも伝わってきています。
詳細は、日本語では知ることが出来ませんが
これからどうなるのか?と心配しております。
何の罪もない人達が巻込まれてしまうことは、胸が痛みますよね…

情太郎 | URL | 2008/10/11 (土) 08:53 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。