スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

情太郎「薬」を断つ。

2008/09/11 (木)  カテゴリー/情太郎

最近、安定剤を飲むのをやめたせいなのか
身体の調子が良くなってきました☆

とっても嬉しい (*´∀`*) ♥

…数ヵ月前、左胸が焼けるように痛くて
触れるとゴロゴロとした、シコリのようなものが確認できました。
左胸がパンパンに張っていたのですが
冷やしても効果なし。

動いても、横になっても、胸のみならず左上半身が
刺すような激痛に襲われ
夜も眠れない(まぁ、不眠でもともと眠れないけど 笑)

「病院に行かなくちゃダメかなぁ…」

それでも、生活にも時間にも余裕がなかったので
我慢しようと、痛み止めを飲んで過ごしていました。

痛みの理由はわかってたし。

多分、乳腺症。



初めて乳腺症と診断されたのは
2~3年くらい前のこと。

その時も同じ症状で
何か悪い病気にでもなっているんじゃないか?と
凄く怖くなったことを思い出します。

その頃まだ日本に住んでいた
トルコ人の友達 Eさん がとても心配するので
私はドキドキしながらも渋々病院に行き、検査を受けました。

女性はある年齢に達すると
ホルモンバランスの関係で、この乳腺症になる人が多いそうで
先生は私に

先 『我慢するしか方法がありません』

と、悪魔のようなことを言いました。

情 『えぇっ?!(оД〇;) 』
情 『こんなに痛いのに、何も出来ないんですかっ?!』 
先 『はい残念ですが。痛み止めの薬は出しますが、それしか方法がないです…』

そして、今回も。

ネットで検索して、※乳腺外来 のある病院にかかったのですが
やはり我慢するしか方法がないと言われました。

「やっぱりかぁ…」

と思いながらも、こんな痛みと
ずっと付き合っていくのかと思うと、ひどく憂鬱な気分になって
20年来の友人にメールをしました。

「我慢するしか方法がないって言われたよ(泣)」
「しかも、左胸だけ大きくなって格好悪いったらないよ!」

すると、その友人から

「安定剤の副作用で、ホルモンバランスが崩れてるんじゃない?」
「それが原因か解らないけど、知り合いにもそういう人がいたよ」

と返信がありました。

なるほどっ!(´∀`)b

たしかに、安定剤は脳みその一部分に働きかける訳で
自分の意志とは反した作用を体に与えるから
生理の周期とは関係なく
ホルモンのバランスが崩れるのも一理あるなぁ。

それに、以前の時も
日々溜まっていくストレスと不眠で爆発寸前!
睡眠薬を利用していた時期だったしなぁ。

…と色んなことが頭に浮かんだので
ちょっと安定剤とは さよなら してみることに。

薬を断って数週間。

左右の大きさが見た目にも違うほど
左胸はパンパンに張っていたのに
(あまりにも大きさが違うので、右胸にはずっとパッドを入れてたくらいです)
今は刺すような痛みも、パンパンの張りも治まってきましたっ☆

すごぉ~いっ!ヤシャ!(万歳) \(*´∀`*)/

安定剤で、いつも頭がボーっとすることもなくなったし
痛み止めと安定剤の副作用で
胃がムカムカすることもなくなったし
何よりも、胸の激痛が治まったことが嬉しいし

…薬を飲むの我慢して良かった☆

これも、私のペースで生活させてくれる元旦那さまのおかげです。

すぐに無理して仕事をはじめていたら…
きっとまた家事や仕事に追われる毎日や
新しい環境にストレスを感じて
安定剤を使うこともあっただろうと思います。

こんなに長い期間、薬を飲まないで過ごしたのは
随分と久しぶりです。

もう少し元気になったら
以前のように仕事もがんばって
元旦那さまと一緒に、またトルコに行くぞぉ♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※乳腺外来

乳腺の病気を専門に診てくれる病院です。
ちなみに 乳腺炎 と 乳腺症 は 違うものです。

乳腺炎(にゅうせんえん) は通常、授乳中の人に起こります。
読んで字の如く、乳腺が炎症を起こしているのです。
なので、授乳中のママさんで胸に痛みがある場合は
まず産婦人科で診察してもらって下さい。

対して、乳腺症(にゅうせんしょう)は(乳腺障害ともいう)
卵巣ホルモンの変動により、乳腺に生じた経年変化(老化)を
総称したものだそうで、30歳以降から更年期の女性に発症し
乳腺に腫瘍のようなしこりが出来たりするそうです。

乳がんと区別が難しいそうですので、自己判断せずに
まずは外科(または乳腺を専門に診てくれる病院)で診察を受けて下さい。

大部分は自然に症状が消失するため、基本的には経過観察でよいそうです。
ただし乳腺症の中でも
乳癌に進展する可能性のあるタイプ(異型上皮過形成)があるそうです。
乳腺症は良性疾患ですが、乳がんは悪性疾患。
乳腺症と診断された方は、定期的(約半年か一年毎)な健診がお勧めです。

希に、産婦人科で乳腺炎と同じように診断され
手術をされてしまうこともあるようなので、ご注意を!!


スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : 自分らしく - ジャンル : 心と身体

この記事へのコメント

セラピーを学び実践してきた身としては素通りできない話題です。
少しずつ元気になっているようで安心しました。
よっぽどこっちでの生活がきつかったんだろうなぁ~って思っていたから。

今年中にまたイスラエルへ行く予定ですが、情太郎さんのブログを読むようになって、やっぱりトルコ経由(もちろんトルコで途中下車♪)で行きたくなりました(笑)

みか | URL | 2008/09/12 (金) 18:52 [編集]

>みかさん へ

こんばんわ☆
本当に「病は気から」とはよく言ったもので
健康であっても、心が健康じゃなければ
身体までもがボロボロになるってことを痛感しましたよ。

薬も、必要な時以外は出来るだけ使わずに
治癒出来るのが一番ですよね!

F市では、会社のコたちが優しくて
いつも気遣ってくれていたから、少しずつ元気になりました。
いまは、こうやって自分のペースで生活できることが
とても贅沢なことだと有難く感じています。

イスラエル行き、もし飛行機等
都合があうようでしたら、トルコにも寄り道してくださいね☆
きっと、随分と変化していると思いますよ!
(私もずっと行ってませんけど 笑)

情太郎 | URL | 2008/09/12 (金) 20:09 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。