スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

『ラマザン』 ゲルディ

2008/09/01 (月)  カテゴリー/@トルコ

昨日、友人のKさんから
久しぶりにメールがありました。

Kさんは、仕事がら
1年の殆んどを出張先で過ごしています。

例年この時期には、インドネシアへ海外出張☆
商品の買付けに行っているそうなのですが
今年は燃料の高騰などもあり、渡航費用がかかるので
日本で過ごしますとのこと…

インドネシアもイスラム教徒が多く
ラマザンの時期などは、みんな暑さと空腹でイライラしています。
普段でも休みが多くて、大変なのに
このラマザンの時期は更に休みの店が多くて大変です

…などと、現地のお話も書かれていました。




ん?ラマザン?

そうかぁ…。
すっかり忘れていたけど
今年も、ラマザン(断食月)が始まるんだ。


※ラマザンについては過去の記事
 ラマザン を 御覧ください。
※イスラムに関する疑問についての記事は 素朴な疑問 を御覧ください。 


ちなみに今年2008年のラマザン(断食月)は、トルコでは9月1日~9月29日まで。
ラマザン(断食月)が終わると
9月29日~10月1日まで、トルコでは砂糖祭(シェケルバイラム)が行われます☆
(日程が間違っていたらスミマセン。ご連絡をお願いします。)

私は現在、お勤めをしていませので
今年はオルチュ(断食)に挑戦できそうかなぁ…。

現在、元旦那さまは夜勤ですので、食事をするのは夕方の出勤前。
日没のイフタルは、なんとかデキそうかな?

朝は、すっかり陽が昇ってからなので
一緒にサフルは無理か?

などと、アレコレ考えています。

実行力に欠けるのが、私の悪いところですが(汗)

ちなみに 『イフタル』 とは…
日没になってから頂く食事のこと。
ラマザン期間中の食事は、普段よりもちょっと豪華なお料理が並びます☆
友人を家に招待したりして
みんなで一緒に特別な時間を過ごします。

それから 『サフル』 とは…
明け方に取る食事のことを言います。
まだまだ暑いこの時期は、日没までの時間も長いので
このサフルで、お腹にずっしり溜まるモノを食べておかないと
イフタルまでにヘロヘロになってしまいます。

トルコは大きな国ですので
場所によって(日本もですが)日の出入の時間が微妙に違います。
なので、ネットなどでは毎日

イスタンブル 日の出 ○:○○ 日の入 ○:○○ 

と、親切に時間の確認ができるようになっています。

ずいぶん前の話ですが、トルコのドラマで
ラマザンの話をやっていました。

明け方に ドンドン!ドンドン!と太鼓を叩き
何かを叫びながら町中を歩くオジサン。

情 『何してるの?このオジサン。』

元旦那さまに尋ねると

『サフル』の時間は夜明けで、当然みんな眠っているので
トルコではこうやって太鼓を叩いて町内を歩き
眠ってるみんなを起こしてくれているとのこと。 目覚まし代わりですね!

ちなみに、太鼓をたたく人をトルコ語では
Davulcu(ダブルジュ)と言います。

『イフタル』の時間を逃す人は、まずいないでしょうが
寝坊して『サフル』の時間を逃してしまうと
日没まで飲まず食わずになってしまいますからねぇ。

それだけは、なんとしても避けねば!(笑)

今年もしっかりオルチュ(断食)する方も、しない方も
お仕事や色んな事情でオルチュ出来ない方も
実行力に欠ける意志の弱い私も…

このラマザン(断食月)の期間だけでも
日々当たり前のように、飲んだり食べたり出来るということに
感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいものですね☆


↓Davlcu 太鼓のオジサン(笑) きいのこ。さん よりお借りしました☆

Ramazan Davlucu






スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : トルコ - ジャンル : 海外情報

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。