スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

トルコの家族

2008/08/29 (金)  カテゴリー/トルコ人

私たちが 『離婚』 する・しない でゴタゴタしていた頃
トルコのイェンゲ(お兄ちゃんのお嫁さん)は
妊娠2ヶ月目でした。

毎週、日曜日のチャットで
アンネが嬉しそうに報告してくれたのを思い出します。

一人目の娘Rは、もう随分と大きくなって
すっかりお姉ちゃんです。

子供の成長の早さには、本当に驚くばかりです。
その分、自分も年老いていってるんですけどねぇ(汗)

彼女Rが産まれる時に
毎日、毎日、彼女の名前をアレコレ考えていたのが
つい昨日のことみたいなのに。


多分… それがトルコとの最後のチャットになって
それから暫くして、私たちは離婚。
別々に暮らし始め、そして私は海のある大きな街へ
元旦那さまは、トルコへ。

それから、色んなことがあって
元旦那さまが再び日本に来たときのこと。

携帯の待受けに、見知らぬ赤ちゃんの写真が。

情 『この赤ちゃんだれ?』
旦 『アブドゥッラ!』
情 『アブドゥッラ~?!いつ産まれたの?!』

アブドゥッラ は 元旦那さまのババ(お父さん)の名前。
私はすぐに、それが2人目の子だとわかりました。

情 『そうかぁ。産まれたんだねぇ。』

自分のことでいっぱいだった私は
赤ちゃんが産まれることも、トルコの家族のことも、他のことも…
考える余裕がありませんでした。
だから、その写真を見るまで思い出しもしませんでした。

なんて不義理なんでしょう。

それでも、トルコの家族たちは
わたしや元旦那さまに、赤ちゃんの成長を早く見せたい様子でした。

『T』 に戻ってきて
すぐに、ネットができるように工事の依頼をしました。
もちろん、トルコとチャットが出来るようにです。

元旦那さまと二人で、カメラの前に座り
久しぶりに、トルコの家族とチャットです。

旦 『アロー!声聞こえてる?』

アンネは、ちょっとだけ以前より痩せたように見えました。
私たちが心配ばかりかけたせいかなぁ…と思いました。
それでも、相変わらず私たちに「痩せた」と言っては、人の心配ばかりです。

ちょっと見ない間に、Rはまた大きくなっていました。
顔つきも、大人っぽくなってきていました。
物心がついてきて、カメラの前で少し恥ずかしい様子です。

久しぶりに見るイェンゲは、赤ちゃんを産んだせいでしょうか
ちょっとふっくらしていました。
いつもと変わらない、明るい笑顔でカメラに手を振っています。

ババとアービー(お兄ちゃん)は外出中でしたが二人とも元気とのこと。 

すると、イェンゲが赤ちゃんを連れてきてくれました。
アブドゥッラ です!
元旦那さまの待受け写真よりも、大きくなっています。

旦 『マ~ッシャッラ!(素晴らしい)雄牛みたいだねっ!』

本当に丸々として、立派な赤ちゃんです。
みんなに溺愛されている様子が、カメラ越しに伝わってきます。
アブドゥッラが、寝起きでちょっと難しい顔をしているのが可笑しくて
みんなで一緒に笑いました。

ア 『情太郎!アブドゥッラを見に、早くトルコに帰ってきなさい。』

面倒な話は一切抜き。

全く何もなかったように接してくれるアンネやイェンゲ
お茶目なR 新しい家族のアブドゥッラに癒されて
久しぶりに、心温まるひとときを過ごしたのでした…



スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

この記事へのコメント

チャット復活おめでとうございます♪

こんばんわ~
温かいトルコのご家族との
チャットの復活、おめでとうございます!
元気な姿をお互いに見ることができて
何よりですよね?
甥っ子さんに早く会いたいでしょうね~
「早く見にに帰ってきなさい・・!」ですか・・
トルコの温かさが伝わってくるエピソードですね♪
私も、実は情太郎さんと同じく
今年生まれたばっかりの、彼の甥っ子さんに
会いたくて・・(笑)
情太郎さんの気持ちがわかりますよ(^-^)

ちゃちゃめ | URL | 2008/08/29 (金) 21:39

>ちゃちゃめ さん へ

こんばんわ☆
随分と久しぶりに、アンネの顔見て話をしました(笑)

本当に世の中便利になりましたねぇ。
(って、いつの時代の人だって言われそうですが)
遠く離れたトルコと日本なのに
カメラを通じて、同じ場所にいるような気になってくるから不思議です。

アブドゥッラを抱きに、いつになるか分かりませんが
必ずトルコに行こう!と思いました。

ちゃちゃめさんも、彼の可愛い甥っ子さんに
会いに行けると良いですねぇ~♪

情太郎 | URL | 2008/08/30 (土) 00:22 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。