スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

あんねれる ぎゅぬ(母の日)

2006/05/14 (日)  カテゴリー/トルコ人

今日は、世界の国のアチコチで『母の日』である。
日本でも、そしてトルコでも同じく
『あんねれる ぎゅぬ』 である☆

トルコの女性は、年齢を重ねていくごとに
心も体もふくよかになっていく。(笑)
旦那さまのアンネも
まんま〝トルコのアンネ〟って感じで
心も体もふくよかで、
カパル(スカーフで髪を覆っている人のこと)
夏でもコートを羽織り、5回のお祈りも欠かさない
敬虔なイスラム教徒である。



そして、トルコの女性らしく
料理上手で綺麗好き、そして喜怒哀楽のハッキリした
強くて 優しい 女性である。

anne

↑ちょっとピンボケですが、アンネム☆

こんなことを書くと不思議に思われるかもしれないけど
私は、旦那さまと知り合い
そして、結婚してトルコの家族の一員になるまで
「家族っていいなぁ~」と思ったことがなかった。
ある時期を過ぎてからは
自分の家族(日本の)とのコミュニケーションもあまりとらず
家族から「愛されている」と感じたこともなかった。

でも、自分の気持ちを素直に表すトルコ人に出会って
自分も素直に相手と(ここでは自分の家族の意味)接してみたら
なんとなく「家族」の温かさが理解できるようになった。

これは、私にとってはとても大きな変化だった。

なぜ、私がそう思うようになったかというと
それは『アンネ』のおかげ!

トルコ語もろくに話せなかった
何処の馬の骨ともわからないじゃぽんの私を
自分の娘のように受け入れてくれた。
私が日本に帰るときも、帰った後も
そして、旦那さまと結婚してからも
彼女はいつも変わりなく、「くず~む」と言って、とても愛してくれるのだ。

私は、最初とてもそれが不思議だったのだけど
それがトルコ人であり、彼女(アンネ)なのだ。
そういう、沢山の温かい愛にふれると
人って変わるんですねぇ… しみじみ

だから
いや、だからって訳じゃないんだけど
私もアンネが大~好きっ☆☆☆

旦 「情太郎は、アンネみたい」
情 「なんで?何処が似てきた?」
旦 「すぐ怒るところ!」
情 「なにぃ~っ!」←すでに怒っている(笑)

まぁ、それは冗談にせよ(いや、本気だと思うけど 笑)
大好きなアンネに似てきたのなら本望よっ!

って、ことで先ほどトルコへ電話。

情 「あんねれる ぎゅぬ くとぅるぬず おるすん!」
ア 「くず~む☆ Ayten!」
(Ayten:アイテンは、アンネからもらった私のトルコ語の名前)

母の日のお祝いの電話だっていうのに
元気なのか?トルコから欲しいものは無いのか?
ふぁらん ふぃらん…
母の日くらいは、余計な心配しなくてイイのにね(笑)

ア 「せに せびよるむ くず~む☆」
情 「べんで せに あんねむ☆」

また、トルコが恋しくなってしまった
『あんねれる ぎゅぬ』 なのでした。

スポンサーサイト

↓ぽちっと応援よろしくお願いします☆

FC2Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚へ   クリックで救える命がある。

テーマ : トルコ - ジャンル : 海外情報

この記事へのコメント

ちなみに、アンネは本気で
私の名前を「Ayten」に改名しろ!と
何度も旦那さまに訴えている(笑)
しかし、それじゃ~
コテコテのじゃぽん顔e-441で名前だけ外人e-263
ちょっと、気まずいじゃんi-229 私が(笑)

あまりにアンネがAytenにこだわるので
旦那さまの指輪には、Aytenと本名の二つが刻まれています…

情太郎 | URL | 2006/05/14 (日) 18:33 [編集]

情太郎さん、メルハバ♪
ほんとトルコの家族って温かいですよね。今日は情太郎さんのブログを読んでいたら、思わず涙が出そうでした。

うちのダンナさんもわたしにお母さんって冗談で言ってきますよ。先日風邪引いて倒れてたときも、アンネ、アンネ~ってうなされてました。

情太郎さんのアンネはまだお若いですね☆
うちは13人兄弟の下から2番目だから、3人も産んで育てたなんて尊敬です。
トルコのお母さんはたくましいね~

elif | URL | 2006/05/15 (月) 10:02 [編集]

初めまして。私もトルコ人と結婚して6年経ちました。情太郎さんのHPを見ると、本当に暖かい家族、アンネで素敵ですね。ただ、トルコ人皆がそうではない、という現実も知っておいて欲しいと思って。。日本人と結婚したからって、お金持ちに思われて、私はすごくお金貸しました。もう貸したというより戻って来ないけど。。そういうお金の事で、離婚したり、不幸な日本女性もいるのです。暗い話になってすみません。。でも、うちは、トルコのババが亡くなる時、入院代、葬式代、お墓、全部100万以上出しました。兄弟は、全然です。日本にいるから、いいだろう。。状態でした。こんな人も、いるってこと、ただ国際結婚に憧れてる人いるけど、現実は、色々大変何だって事、知らない人は知って欲しいなと思って、書き込みしてしまいました。。暗くなってごめんなさいね。家族愛が強くて助け合うのは良い事なんだけど、親が子供は親を見るのが当たり前的考え方が、私には理解できなかったです。まあ、日本の私の家族が優しいから、良かった。。。けどです。。色々悩みあります。。

ぴあの | URL | 2006/05/15 (月) 23:52

エリフさん、めるはば~♪

エリフさんの旦那さまのアンネは
13人もお子さんを育てたのぉ?!
すご~いっ!v-425
楽しく、賑やかなトルコの家族を
想像できますねv-238

13人の子供たちと
アンネもトルコのアンネとして一緒に
成長したのでしょうね。
きっと、みんなアンネが大好きなのでしょう。
エリフさんの旦那さまが風邪で寝込んだ時に
アンネ~とうなされるのが、何故だかわかるような気がしますねv-363

情太郎 | URL | 2006/05/19 (金) 20:26 [編集]

>ぴあのさん、めるはば~♪
はじめまして!ご訪問、コメントありがとうございます。

ぴあのさんの言うように
素敵な家族・トルコ人ばかりでは無い…というのは
残念ながら、悲しい現実です。
私のまわりにも、ぴあのさんのような経験をされた方
そういったケースが原因で
離婚されたご夫婦
また、トルコ人同士でも(家族・友人間)
金銭面でのトラブルを抱えている人もいます。

日本にいると、お金が稼げる。
日本にいるから、お金を持っている。
日本人だから、お金持ちだ。
…など、勝手な決め付けで
一方的に、金銭面の援助を求められても
実際は、大変だということも
しっかり理解してもらわなければ
やはり、色んな場面で問題は起こってしまいますよね。

違う国から見ると、日本はまだまだ
〝お金持ちの国〟というイメージが抜けないようですし。

国際結婚カップルも多くなりましたが
やはり、文化・習慣、それに経済面等
いろんなギャップもあるので
結婚されてから、問題が起こる人も
沢山いるようです。

それぞれが、色々な問題を抱えていると思います。
私達もここには書きませんが
色んな悩みや問題があったりします。

ぴあのさんも、色々と
辛いことや、頭が痛い問題など
あるのだと思いますが
よければ、ここで色んな話をしましょう。また、書き込みに来てくださいね。
お互いに、大変ですが
頑張りましょうね!!

情太郎 | URL | 2006/05/19 (金) 20:44 [編集]

遅ればせながらコメントです。


トルコでも母の日だったんですねー。知らなんだ。というのもうちのお義母さんは、夫が小さい頃別れちゃった人なので、交流が全くないんですよね・・。実母大好きな私としては、義理のお母さんとも、情太郎さんみたいな関係が築ければな・・と昔から密かに憧れてたので、ちょっと悲しいです。


情太郎さん、私の分も(ってずうずうしいですね・・)たっぷりアンネに親孝行してあげてくださいね♪

Yildiz | URL | 2006/05/20 (土) 16:56

Yildizさん、めるはば~♪
そうなんです。
トルコでも母の日だったんですよ。

Yildizさんは、母の日に
実のお母さんと
一緒に楽しく過ごされたようですねv-238
私は、ちょっくら家庭環境が複雑だったので
Yildizさんのように、自分の家族大~好きv-238の『仲良し一家』が今でも憧れです…(遠い目 笑)
でも、旦那さまやトルコのアンネや
アイレのお陰で、私も少々変わりました。
まだ、素直に自分の親と接するのは
照れくさい感じもあるのですが…i-229
素直で、優しく、たくましいv-91
トルコのアンネのように
私もいつかなりたいです。

もちろん、Yildizさんの分もまとめて
親孝行させて頂きますv-218

情太郎 | URL | 2006/05/21 (日) 17:27 [編集]

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。